綺の家から七十二候  『黄鶯睍察

2018.02.09 Friday

綺の家から七十二候。


『黄鶯睍察- うぐいすなく


うぐいすが鳴き春の到来を告げる頃。
 

 

 

 

 


春のイメージで梅の枝にうぐいすがとまっている絵柄をよく目にしますが

 

実は梅の花の蜜を吸いにくるのはメジロで

 

うぐいすは藪の中で虫をたべるんだそう。



漆喰の壁に梅の枝。


漆喰の壁は和にも洋にも馴染みます。


そしてその素朴な質感は何も置かなくとも味のある雰囲気をつくりあげてくれます。

コメント
コメントする