綺の家から七十二候 『芹乃栄』

2018.01.06 Saturday

 

綺の家から七十二候。


『芹乃栄』- せりすなわちさかう


春の七草のひとつ、芹が生え始める頃。

 

 

そして二十四節気『小寒』


寒の入りと言われ、更に寒さが厳しくなっていきます。

 

 

 

実家に帰ると柚子が。


ご近所の方から頂いたそうで


あまりの大きさに、これ柚子⁉︎って叫んだほど。


いくら旬だからとは言え初めて見たサイズ。


伝わるかなぁこの大きさ。


決して横に置いたみかんが小さい訳じゃないんですよ。

 

 

そんなお正月休みも終わり


更に厳しくなっていく寒さに負けないように


頑張りたいと思います。